BEENOSとは

BEENOSのBEEは「ミツバチ」NOSは「巣」。持続的な共存共栄の象徴であるミツバチのように、世界中の起業家や 企業、そしてモノや情報をつなぐという思いを込めています。

目指すのは、
日本と世界を繋ぐプラットフォームの創造
Neo-General trading company

ー次世代総合商社ー

国内外の「言葉の壁」、「物価や為替の壁」、「輸入リスクや物流の壁」を商機とし、流通を拡大してきた総合商社のように、
インターネット・テクノロジーを駆使し、
ボーダレスに日本と世界を繋ぐ「プラットフォーム」を創造する「次世代総合商社」を目指します。

BEENOS株式会社の今後のビジョン
  • 国内のコンテンツ・流通市場を

    もりあげる

    バリューサイクル部門/リテール・ライセンス部門
    • 国内流通ネットワークの強化
    • 有力コンテンツの発掘・連携
    • 有力コンテンツの国内EC強化
  • 世界の流通市場に

    つなげる

    クロスボーダー部門
    • 国内での提携パートナーの拡充
    • 国外でのPR力の強化
    • ビッグデータを活用した流行の「兆し」をいち早くキャッチするシステムの確立
  • 世界の流通市場を

    拡げる

    インキュベーション事業
    • 「ネクストチャイナ」のマーケットプレイスへの投資・育成
    • バーティカルなマーケットプレイスへの投資・育成

各グループ会社事業紹介

tenso株式会社 クロスボーダー部門

  • 転送コム(海外転送事業)

    海外ユーザーが転送コムから付与される住所を利用することによって、海外発送未対応の通販サイトでも買い物が可能になるサービス

    転送コム(海外転送事業)の事業の流れ
  • Buyee (代理購入事業)

    通販サイトから「Buyee」内に商品データを取込み翻訳するため、日本語が読めない海外ユーザも商品の購入が可能になるサービス

    Buyee (代理購入事業)の事業の流れ

株式会社ショップエアライン クロスボーダー部門

  • セカイモン

    世界最大級のオンラインマーケットプレイス「eBay」と連動したグローバルショッピングサービス。日本の方が日本にいながら海外(eBay)商品を購入できる仕組みを構築。
    日本語へのサイト翻訳、日本円決済、日本語でのカスタマーサポート、商品の検品を含む発送代行などが強み。

    セカイモンの事業の流れ

株式会社デファクトスタンダード クロスボーダー部門

  • ブランディア

    非対面で個人から買取を行う「インターネット専業宅配買取業態」の「Brandear」。
    国内最大の利用者数※1 (累計利用者数約150万人※2)を誇る個人向けブランド宅配買取サイト「ブランディア」と買い取った商品をデファクトスタンダード運営のサイト「ブランディアオークション」や他社運営のオークション、ECサイト を通じて販売する。膨大な査定履歴が蓄積されたデータベースが導く適正な査定と、宅配買取のフローに特化した1拠点体制のオペレーションが強み。

    • ※1:宅配(ネット)利用に関する調査による(半年以上の期間に渡り、2 回以上の買取経験のある方)ブランド・ファッションカテゴリ 実査委託先:楽天リサーチ(2016年2月)
    • ※2:2016年5月時点
    ブランディアの事業の流れ

モノセンス株式会社 リテール・ライセンス部門

  • モノセンス

    タレントや有名人、キャラクターとライセンス契約を結び、商品の企画開発やEC サイトでの販売、プロモーション活動、ライセンス運営など、ヒット商品を創出するためのサービスをワンストップで提供。また、ライセンス契約を結んだ人気アーティストグループのイベント会場におけるグッズ販売や公式ECサイトも管理・運営している。

    モノセンスの事業の流れ

株式会社ネットプライス リテール・ライセンス部門

  • ネットプライス

    日本で初めて購入者が多くなるほど販売価格が下がる販売手法、ギャザリング(共同購入)システムを導入した総合通販サイト。週に1度商品が入れ替わり1週間分のご注文をまとめて週末に配送。30代から50代の女性をコアユーザーとし、特に忙しい女性に支持されている。お客様の声をかなえるカスタマーファーストを心がけ、商品ページの工夫や国内2,600以上(2016年8月末時点)のサプライヤーネットワークを活かした商品企画を強みとしている。

    ネットプライスの事業の流れ