社長メッセージ

BEENOS株式会社代表取締役社長 直井聖太

リスクを取ってチャレンジする人が賞賛される組織

僕が新卒の時、経営者になるという目標だけがあって、具体的に何を実現したいかはなかった。
でもやりたいことが出てきた時に、実現する力だけは手に入れようと思っていました。
じゃあ、やりたいことを実現する力を手に入れるために何をしたか?本当に基本的なことを日々繰り返してきました。
『人のせいにせず自分事として捉える』『慣習などにとらわれずリスクを取ってチャレンジする』ということを徹底的に自分に課しました。
自分が自らの意思でチャレンジしたことというのは、失敗しても成功しても自分の力になるものです。
その結果、誰よりも成長するきっかけになったと思っています。

BEENOSの基本精神は『バットを振る!』です。
意図的にリスクを取ったチャレンジ自体を賞賛する文化を作っています。
同じ失敗をするのは問題ですが、自らの意思で本気でチャレンジした結果の失敗に対しては賞賛をしたいと思っています。自分でリスクを取ってでもチャレンジしたいと思う人と一緒に仕事がしたいと思っています。
皆さんと会えるのを楽しみにしています。

PROFILE
BEENOS株式会社
代表取締役社長 兼 グループCEO
直井 聖太

大学卒業後、株式会社ベンチャーリンクにて新規事業の企画・運営を担当。2008年当社入社。
社長室にて新規輸出Eコマース関連事業を担当。2009年tenso 株式会社(旧株式会社転送コム)の立ち上げに参画。
2012年同社代表就任(現任)。海外転送サービス「転送コム」と代理購入サービス「Buyee (バイイー)」を通じて、海外転送件数国内No.1の地位を確立。
日本の商材ネットワークと海外の消費者とを繋ぐ、「From Japan」 のクロスボーダービジネスを牽引する。
2014年12月11日、当社代表取締役社長 兼 グループCEOに就任。
クロスボーダー事業を軸とした新グループ成長戦略を推進。